セフレを作るならここがオススメ!

ランキング1位FirstMail


ランキング2位SWEET LINE


ランキング3位らぶらぶメール


コンテンツが充実しているお手軽にセフレが作れる優良サイト。
様々な方法でパートナーを見つけ出すことが出来ます♪

サポートが非常に充実している軽い感覚で利用できるセフレサイト!
不安な要素が一切ないので、安心して利用可能です!

検索機能が充実している好みのセフレを一発検索できちゃうオススメサイト!
ご近所で理想の相手を探し出すことが出来ます♪


最新情報

2014年6月2日
セフレが必要な理由
同僚をセフレにすると後々面倒
勤務先の飲み会にて、酔った勢いで会話がぶっちゃけたときに、それまで接点がなかった異性が恋心を抱いていたことを知った。 ここまではよくある話です。 その後、勢いでホテルに行ってしまった。 これも、まあ、あり得なくはないでし・・・
2014年5月31日
セフレが必要な理由
セフレとの別れは色々なものの精算
異性との別れは難しいものですが、最も気をつけたいのがセフレとの別れ方です。 甘く見ていると後々ひどい目に遭うでしょう。 男性から女性に別れ話を持ちかけると、セフレという性質上、女性は「コイツの生活を壊してやる!」と復讐心・・・
2014年5月29日
セフレが必要な理由
譲り合う気持ちがセフレ関係を生む
男性と食事をする際、「何食べる?」と聞かれると「任せるよ」と答える女性がいます。 実は軽めに済ませたいと思っていても、男性には物足りないかも知れないと気をつかい、男性に主導権を握らせるケースがよくあります。 はたから見る・・・
2014年5月26日
セフレが必要な理由
セフレにされないためには
生まれつき異性を振り回す性格の人は男女問わず存在しますが、男性で多いのは女性をセフレとしか扱わないタイプです。 このタイプの男性にひっかかってしまうと、女性は泣き寝入りしなければなりません。 人間には様々な欲求があります・・・
2014年5月25日
セフレが必要な理由
コミュ力不足が招く負のスパイラル
「最近、全然エッチしてないの(>m

同僚をセフレにすると後々面倒

勤務先の飲み会にて、酔った勢いで会話がぶっちゃけたときに、それまで接点がなかった異性が恋心を抱いていたことを知った。
ここまではよくある話です。
その後、勢いでホテルに行ってしまった。
これも、まあ、あり得なくはないでしょう。
実際セックスしてみたら、思いの外、相手と体の相性が良かったので、そのままセフレ関係になってしまった。
ちょっとレアケースですね。しかし、少なからずどこの職場にも必ずそういった男女が何人かいるものです。
ここで意外な傾向を知ることができます。こういったやり取りをリードするのは男性というイメージがありますが、実は女性の方から誘ってくるパターンの方が多いのです。
セックス依存症という病名が一般的になりましたが、どうもストレスなどから女性がおちいりやすいようなのです。
ですから、相手が既婚者であっても恋人がいても、お構いなしに誘ってしまうわけです。
男性からすると非常に都合がいいことですから、ついつい誘いに応じてしまいます。しかも、同じ職場ですから、時間の調整もしやすく、ずるずると関係が続いてしまいます。
ちょっと羨ましい話ですが、このような経験をした友人は嘆いていました。
彼は体のいい理由で会社を辞めたのですが、本当の理由は違うそうです。
「仕事中に相手が公私混同するような仕草をするようになって、職場に居づらくなった」と。
しかも、相手の誘いにのったにも関わらず、友人が同僚に肉体関係を迫ったという噂まで流れ、否定もできず、最後に残った選択肢が離職することだったそうです。
ですから、都合はよくても同僚をセフレにすると後々面倒だということは覚えておきましょう。

セフレとの別れは色々なものの精算

異性との別れは難しいものですが、最も気をつけたいのがセフレとの別れ方です。
甘く見ていると後々ひどい目に遭うでしょう。
男性から女性に別れ話を持ちかけると、セフレという性質上、女性は「コイツの生活を壊してやる!」と復讐心をたぎらせるでしょう。
もし、男性に恋人や妻子がいた場合、男性の生活だけでなく恋人や家庭にも復讐の手は伸びるかも知れません。
だからといって、無言のまま別れるということは絶対にしてはいけません。
いつものように「じゃあ、またね」と自然に振る舞い、女性との連絡を絶ってしまうと、自制心を失い地の果てまで追いかけてくるかも知れません。
また、別れ話の内容を誤ってしまうと、相手の性格によっては、勤務先や自宅に連絡をしてきたり、実際に現れたりすることもあります。
「どっちも同じだ」と思うでしょうが、別れ方さえ間違えなければ少々の痛みで済ませることができます。
まず、自分の考えを話したうえで、相手の気持ちも聞いてあげてください。その気持ちに対して「じゃあ、こうしよう」と提案してみましょう。
もしかしたら延々と恨み節を聞かされるかも知れません。しかし、そこは黙って聞くのです。
また、物を投げつけられたり、お店の備品を壊すかもしれません。それもやむを得ないと思って下さい。壊されたものをお店に精算するのも別れのうちの一つです。
なお、別れ話は体裁を気にして二人きりになったときに切り出さないようにしましょう。いくら冷静さを欠いても、人目が無いと判断すれば、発作的に男性を殺そうとする女性もいるのですから。

譲り合う気持ちがセフレ関係を生む

男性と食事をする際、「何食べる?」と聞かれると「任せるよ」と答える女性がいます。
実は軽めに済ませたいと思っていても、男性には物足りないかも知れないと気をつかい、男性に主導権を握らせるケースがよくあります。
はたから見ると謙虚で微笑ましいことですが、これも度が過ぎるととんでもないことになります。
何か判断を迫られて、譲り合い精神で相手に任せっぱなしにしていると「あそこにリゾートホテルがあるんだよ」と、そこに一泊することが決定事項になっていることもあります。
女性にすると「え!?」ですよね。しかし、「俺の言うことならなんでも賛同してくれる」と考えている男性は、その女性を簡単に落とせると思考が飛躍してしまっているのです。
もし、そこで断ってしまうと、嫌われたり、怒りをかうかもしれない。その恐怖心を「なんだか気の毒だ、一回くらいいいかもしれない」と自分で納得させてしまうというわけですね。
社会を生きていくうえで、譲り合いの精神は物事を円滑に進めるために必要なものです。
しかし、それも相手のことばかり尊重してしまうと、ストレスが溜まり、最悪、心の病のきっかけにもなります。
ですから、「ここで断らなければセフレとして扱われてしまう」という判断を迫られたら、相手に主導権を握らせないことです。断って気まずい雰囲気になるのはその瞬間だけです。
自分にも相手と同様の権利があるということを忘れないようにしましょう。

セフレにされないためには

生まれつき異性を振り回す性格の人は男女問わず存在しますが、男性で多いのは女性をセフレとしか扱わないタイプです。
このタイプの男性にひっかかってしまうと、女性は泣き寝入りしなければなりません。
人間には様々な欲求がありますが、どれか一つがズバ抜けて欲深いものです。
その中で女性にとって厄介なのが「自分好みの女性がいれば何人とでも付き合う」という男性です。
そういった男性は、一見独占欲が強いように思えますが、それだけでなく性欲も人並み外れて強いので更に厄介なのです。
独占欲が強い男性は、相手の弱味を見抜くことに長けています。
例えば、嘘なのに自分も騙すように女性を褒めちぎります。しかも、女性が褒めて欲しいところをピンポイントで突いてくるのですから、一種の才能です。
更に、軽薄な反面、非常に根気強いです。とにかく、折れる相手ならとことんつきまといます。
「何で巡り会えなかったんだろう」などと、運命の出会いのように言ってのけますが、実は他にも同じことを言っている女性が何人かいるのです。
そこで、最も我が侭を聞いてくれそうな女性をセフレとして位置づけます。
「街中を一緒に歩くならアイツ、セックスしたくなったらアイツにしとこう」と考えているわけです。
こういった男性を好きになってしまうと、女性はなんとか自分だけに愛情を注いでもらいたいと考えますが、無駄なことです。
性犯罪者の更生がほぼ不可能なのと同様に、性格に問題がある男性が恋愛の倫理観を変えることはないのですから。
女性は、口達者で女性慣れしている男性の言うことを鵜呑みにしてはいけません。男性の一言に率直な疑問をぶつけられるように強い意志を持つようにしましょう。

コミュ力不足が招く負のスパイラル

「最近、全然エッチしてないの(>m<)セフレ募集中だよ!フリーターだからいっつも暇。あ、よく大島優子に似てるって言われるんだよね!」
さて、こういったメールを送りつけてくる主は、出会い系サイトではサクラと相場が決まっています。
多くの方は「サクラも大変だなあ」とスルーするでしょう。
しかし、中にはまんまと引っかかってしまう男性もいるのです。
こういった、現実的ではない誘いに騙される人というのは、コミュニケーション力に欠ける人です。ついでに、出会い系サイトに登録しても、まずセフレを作ることができないタイプです。
セフレが作れないだけならまだいいのですが、冒頭のようなメールをサクラだと見抜けない人は、誘われるがまま高額なポイントを購入し、サクラ相手に夢中でメールを送ってしまうのです。
メールでやり取りしている間は多幸感に包まれていますから、抜け出すことも容易ではありません。
誰かに「サクラの手口だよ」と諭されても、「世の中には理屈では片付けられないことがあるんだ」などと世迷い言を言って聞く耳を持たないこともありますから、まさにコミュ力不足が招く負のスパイラルというわけです。
因みに、その螺旋は尽きることがありません。何故なら、騙される人が減らないのですから、騙す側もなくならないわけです。
願わくば、今後、サクラのメールに対する規制や処罰が設けられればいいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ